読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポなし訪問になんて対応する必要はない

進学や就職で実家を離れて一人暮らしをしていると、1度は経験あるんじゃ無いかと思います。

アポなし訪問。

 

大概は変な宗教や勧誘、NHKなんですけどね。

インターホンが鳴らされると「出なくちゃ」と思ってしまう真面目な人ほど被害に遭います。

 

まず人としてありえないですよ。こいつら。

こういう連中って、インターホンを鳴らしたり、ドアをドンドン叩く【だけ】か、せいぜい「ごめんくださーい」と言うだけ。

 

あのさ。それでお前らの何がこっちに分かるわけ?

訪問者を装った強盗かもしれないし、女性が住んでいると知った上での強姦目的の鬼畜かもしれない。

ちょっと極端な例かも知れないけど、特に首都圏では可能性は決して0ではない。

 

だからこそ、訪問者が素性を晒してこちらの警戒を解くのは義務なわけですよ。人として当たり前の行動なんです。

 

何でそれをしないの?素性を晒すと困るから?まぁ、特にNHKの集金人はそうですよね。

屁理屈こねて受信料を徴収するという、詐欺と変わらない仕事をしているわけだから。

 

アポなし訪問に対応する義務なんて無いのだから、堂々と無視すれば宜しい。こんな非常識な連中に良心を感じる必要なんてありません。

 

一人暮らしを始めたばかりの方はお気を付けくださいませ。

我々が思っている以上に、世の中クズは多いものです。